ねころもち ― blog

ねこのこといろいろ ほかのこともいろいろっ≦⌒ω⌒≧З

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最古のニャン写真 発見かっ≦ ̄□ ̄;≧!

197X_neko

『最古のニャン写真 発見かっ≦ ̄□ ̄;≧!』

って……、歴史的な発見ではなくで、ボクがこれまで撮影した写真の中で、フィルムやプリントとして残っている“最古のニャン写真”です。残念ながら撮影年月日が記録されていないので、歴史的な資料にはなりませんが、1970年代前半ではないかと思いますけれどねっ≦ ̄δ ̄≧З

なので、このクロニャンはもういないかもしれませんが、もしかするとその子孫は残っていて、「ねころデジ ― blog」の中の画像に写っているかもしれませんねっ≦⌒ω⌒≧З



年末に、もう何台目なのか忘れてしまいましたが、比較的キレイな中古のスキャナー(E社 GT-9700F)を買いました(税込2,100円)。CD-ROMやマニュアルは欠品でしたが、カバーを兼ねた専用の透過原稿ユニットがついています。35ミリのストリップ・フィルムが最大12枚連続で取り込めること、そして同じく35ミリのスライド・マウントを取り込むためのガイドもついていました。これまで、35ミリのスライド・マウントを取り込むためのガイドがなかったので、昔撮影したフィルムの取り込みは断念していましたから、これは大きな進歩になるかもっ≦⌒m⌒≧♪
(何の進歩だっ≦ ̄□ ̄;≧?)


20070106_008

とりあえず、テストを兼ねて何枚か35ミリのスライド・マウントの画像を取り込んでみることにしました。ほとんど、撮影年月日が書いてませんが、だいたい1970~1977年に撮影したものばかりです。

「SAKURA」とマウントに記されたものがありますが、これは「コニカ・フィルム」の旧名です。きっと国産ライバル社「富士」と同じように、日本的で親しまれる名前を付けていたのではないかと思いますが、真相はわかりません。そして、この「SAKURA R-100」フィルムが、ボクが初めて使用したリバーサル・フィルム(スライド・フィルム、ポジ・フィルム)でしたけれどねっ≦⌒▽⌒≧♪


97X_Luna_Eclipses

その「SAKURA R-100」フィルムで撮影した半影月食の画像。“7月15日”とだけデータが書かれていたのでNASAのサイトにあるデータベースで日付を調べてみると、“1973年7月15日”に日本で起きた半影月食がありました。この時の半影月食が、どのくらいの欠け具合か図をみてみると、肉眼ではほとんど確認できないくらいの欠け具合です。きっと、こうした多重露光による連続写真を撮りたかったのでしょうっ≦⌒m⌒≧З

撮影のインターバル(間隔)もバラバラで、特に後半になるとほとんどやる気のないものになってたりしますねっ≦ ̄□ ̄;≧З


197X_moon

ミザール製10センチ反射望遠鏡にカメラを取りつけて撮影した月面の画像。フォーカス(ピンと)が甘いですが、中央のアベニン山脈を挟んで、右側の平原のような地域が「晴れの海」、左側が「雨の海」ですっ≦⌒◇⌒≧З

中学、高校の時に望遠鏡や一眼レフカメラを持っていました。親から譲り受けたり、買ってもらったりしたものではなく、朝夕と新聞配達のアルバイトをして買ったものでしたけれどねっ≦⌒m⌒≧З


まだまだ面白い写真があったりしますが、スキャナーの取り込みテストなので、とりあえずここまでとします。




で、あとネガ・フィルムやモノクロ・フィルムを何枚か取り込んでみました。その結果として……。

ポジ・フィルムはまあまあ調子がでるけれど、ネガ・フィルムとモノクロ・フィルムはどう設定してもハイ・コントラストになってしまい、見るに耐えません。専用のフィルム・スキャナーではないので、どうしてもネガ・フィルムとモノクロ・フィルムの取り込みはダメですね。またこのE社のスキャナーは、取り込む前のプレビューで、画像範囲を変更したりできないのがさらに使えないところです(これ以前の透過式スキャナに共通)。ポジ・フィルムで黒い部分が多かったりすると、自動的に明るい部分だけをトリミングしてしまいます。

フィルムのキズ、ゴミをもろにひろってしまいます。このGT-9700F以降に発売された機種から、キズやゴミを自動的に除去する機能がついたようですけれど……。


まぁ、数年前の製品なので、あれこれいっても仕方がありませんけれどね。そかも、2,100円の中古ですからっ≦⌒m⌒≧З
  1. 2007/01/06(土) 21:00:35|
  2. ニャン写真っ≦⌒▽⌒≧З
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<マックノート彗星っ≦⌒▽⌒≧☆彡 | ホーム | 雨上がりっ≦⌒◇⌒≧♪>>

コメント

カメラの腕前  (°o °

1970年代前半といったら、まだ、あさいさんがローティーンかハイティーンになったばかりのころですよね?
そのころから写真、バシバシ撮っておられたなんて、ベテランなんだなあ。
そのフィルムをパソコンに、何かを使って入れる努力をしてるってことでしょうか。


下から2番目の写真、私は、トンネルの中のライトかと思ってしまいました。
それにしては、ライトの数が少ないな、なんて、私はこの程度の人間どす。 σ(^◇^;);;;
  1. 2007/01/06(土) 23:25:03 |
  2. URL |
  3. すずめ #vqm8JHu.
  4. [ 編集]

ワタクシは未確認飛行物体だと思いました。

ナニ!2,100円!!!
久々に中古屋を探してみようっ。
  1. 2007/01/07(日) 00:32:20 |
  2. URL |
  3. frobnitz #N4tcKuZQ
  4. [ 編集]

スライドショー

そういえば、あんな感じでフィルムを切ってはさんで作ってたのを想い出しました。よく父親の手伝いをさせられたっけ。で、作ったものを1枚、1枚、手作業で丸い(名前を忘れてしまった)ものに入れて、家の中でスライドショーをしたのをおぼえてます。

社名とか今とは隔世の感で懐かしいですね。
  1. 2007/01/07(日) 01:08:35 |
  2. URL |
  3. オオカミ #vwQHJ2Xw
  4. [ 編集]

> カメラの腕前  (°o °

ウニャニャーーっ、すずめさんっ≦⌒ω⌒≧З
それぐらいの時からでしょうねっ♪
写真を撮り始めたのは、小学生から憧れていた「星の写真」が
撮りたかったのですよ。しかし、今ほどではないにしても、
名古屋市内では真っ暗な星空なんてありませんから、近所の空地で
撮影していたなんて、無謀でしたけれどねっ≦ ̄□ ̄;≧З


> 下から2番目の写真、私は、トンネルの中のライトかと思ってしまいました。

撮影したフィルムを現像所に出し、仕上り日に引き取りに行くと、
写真屋のおっちゃんが「なんにも写っとれせんぞぉー」とか、
現像所からの「カメラの故障が考えられます云々」というご丁寧な
注意書きが添えられていることも、度々ありましたから、極々
マニアの人しか分からない分野なのかもしれませんね。
今のように、ネイチャー・フォトもありふれていませんでしたしぃーっ≦⌒ω⌒≧З
  1. 2007/01/07(日) 03:41:21 |
  2. URL |
  3. あさいねこ #-
  4. [ 編集]

> ワタクシは未確認飛行物体だと思いました。

ウニャァーっ、frobnitzさんっ≦⌒◇⌒≧З
2番目の写真の左下のマウントに、空と雲の部分に多くの光の
編隊が写っているんですよ。
当時、クラスのみんなに見せて「UFOの編隊だっ!」っといって
騙したものですっ≦⌒m⌒≧З
(ぢつは、カメラレンズの特性ですけれどねっ♪)


> 久々に中古屋を探してみようっ。

ちょくちょく、覗いてみないと掘り出し物は転がって
いませんぜぇーーっ≦⌒m⌒≧З
  1. 2007/01/07(日) 03:49:32 |
  2. URL |
  3. あさいねこ #-
  4. [ 編集]

> スライドショー

ウニャニャァーっ、オオカミさんっ≦⌒ω⌒≧З
オオカミさんの親父様も写真を撮られていたのですね。
一家に一台、カメラが普及し始めた頃ですから、その家の家長である親父が
家族旅行とかイベントとかで写真を撮っていたのでしょうね。
そして、その横で何やらカメラや機材を手入れしている姿をみていたりしてねっ≦⌒◇⌒≧З

丸いものは、スライド映写機のマウント・ホルダーでしょうね。何十枚ものスライドを挟み、
リモコンで次々にスクリーンに映し出していく方式の映写機。
大きく映し出されるので、楽しいんですよねぇー、スライド上映会はっ≦⌒◇⌒≧♪

うちは、これではなくて、小さな小さな1コマずつ手差しで見ていく、
ビュアー型のでしたけれどねっ≦ ̄δ ̄≧З


> 社名とか今とは隔世の感で懐かしいですね。

コダック社のポジ・フィルムやポジからのプリントは、確か横浜のラボにすべて送るので、
とても時間がかかったように記憶しています。
しかし、出来上がりを引き取りに行って、黄色の紙袋に「東洋現像所」と書いてあるのを
見ると、ヘタクソな写真でもちょっとだけいい写真にみえましたしっ≦⌒m⌒≧З
(ヘタクソな写真は、どうしたってヘタクソな写真ですけれどねっ!)
  1. 2007/01/07(日) 04:18:32 |
  2. URL |
  3. あさいねこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://clairvoyance.blog39.fc2.com/tb.php/800-043cd5c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Yukio Asai

バナーを作成

カテゴリーっ≦⌒ω⌒≧З

最近の記事っ≦⌒◇⌒≧З

最近のコメントっ≦⌒▽⌒≧З

月別アーカイブっ≦⌒ω⌒≧З

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。