ねころもち ― blog

ねこのこといろいろ ほかのこともいろいろっ≦⌒ω⌒≧З

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地元の歴史ロマンに思いを馳せてみる

昨日は、お気軽散歩ニャン写真に加えて、郷土の歴史も絡めて散策してみました。ここのところ、郷土史の冊子を何冊か読み興味があったので、その歴史を辿ってみたくなったのですけれどねっ≦⌒ω⌒≧З

今年の6月頃から通いだした小さな町。そこは、どこの地方にもあるような町ですが、こんな歴史のある町(地域)だったのですっ≦◎δ◎≧З

1.尾張という地名はここから始まった
2.塩の産業(焼塩)が広まった
3.日本武尊のお妃となる媛が生まれ、そして眠る地である
4.神剣、草薙の剣が幾年か置かれていた

2.についてはずいぶん前から知ってはいたのですが、残りの項目ときたら……、ほとんど知りませんでしたっ。歴史って苦手でしたから……≦ ̄□ ̄;≧З

でっ……≦ ̄δ ̄≧З

 
1.「尾張という地名はここから始まった」について

現在の名古屋市南区の丘陵地帯(呼続から星の宮迄の丘)を、昔々の大昔、松炬島といゝその南端一帯を千竈郷と呼んだ。
まだ日本の国が、統一されない前の部族社会の頃、この地を支配していた豪族大印岐と、大和において勢力を増してきた、大和朝廷との間に和睦が成立したのか、乎止與命という、地位の高い方が朝命により、この地の支配者として、大和国の高尾張という所から、松炬島千竈郷へ来られたという。
(引用/『埋もれたる ちがまの郷』二村又介著 1991年 自費出版)

「松炬島」(しょうきょじま)は、現在も丘陵地の面影の残る地形です。約6万年前に海底に堆積した地層が陸地になって、南北4キロ弱、東西2キロ弱、標高10メートルほどの里芋のような形をした「島」であったそうです。

大和朝廷の朝命によって、尾張の初代国造(くにのみやっこ)乎止與命(おとよのみこと)が大和の国から赴いてきました。そして本拠の館を構えたのが松炬島の最南端に位置する地区、すなわち現在の星の宮社と星崎小学校が建っている一帯です。そして地元松炬島の豪族である大印岐の娘真敷刃俾命をお妃に迎え、この地方の統治をされていったとされています。尾張の名前は、乎止與命の出生地である大和国葛域郡高尾張邑から付けられた可能性が高いそうです。

現在、乎止與命と真敷刃俾命を祀るお社は熱田神宮に合祀され、上知我麻神社、下知我麻神社として祀られていますが、千竈(ちがま)郷にある星の宮社の裏山には乎止與命と真敷刃俾命の元宮が並んで祀られています。

20051120_010
【写真1/左が真敷刃俾命の元宮。右は乎止與命の元宮(撮影/2005年11月20日)】


2.「塩の産業(焼塩)が広まった」について

松炬島を囲む海が遠浅の干潟であったことから、古代より海産物が豊富に捕れたようです。そして乎止與命は統治とともに、この地で焼塩の研究開発をされていったそうです。晩年には伊奈突智翁と親しまれ、地元の民生に潤いを与えられていたと伝えられています。乎止與命の館があった松炬島の最南端に位置する地区は、千竈(ちがま)郷と呼ばれ、「竈」は焼塩の窯を意味し、その窯が島に沿っていくつもあることから千竈郷と呼ばれたそうです。

またこの地方での製塩事業は信長の時代まで続き、その塩田は広範囲なものになっていきました。しかも良質な焼塩であったことから「前浜塩」と呼ばれ、遠くは信州塩尻まで運ばれたそうです。塩付街道は、この千竈郷を起点に信州塩尻(尻は終りという意味)までの道を指すそうです。

ずっと後の年のことではあるけれど、この千竈郷の南には永井星渚の出生地があり、大きな塩問屋を営んでいたそうです。文豪永井荷風の実家でもありました。この塩問屋は「前浜塩」が廃れてしまってからは塩蔵だけが残っていたそうですが、太平洋戦争時に戦火にあい、現在は残っていません。


3.「日本武尊のお妃となる媛が生まれ、そして眠る地」について
4.「神剣、草薙の剣が幾年か置かれていた」について

日本式尊は無事、蝦夷を平定し朝命を果たされ、永上里の館に引上げになり、宮簀姫をお妃に迎え、相愛の生活を楽しんでおられたところへ、都から伊吹山に賊が蔓延しているとお聞きになり、賊退治に向かわれる時、宮簀姫に天叢雲剣(草薙の剣)を形見に我が身と思えと諭しお授けになって、伊吹山の賊退治に向かわれたのである。
日本式尊は、伊吹山で毒気に当たられ(病にかかられ)、都へ帰られる途中伊勢国能褒野でお亡くなりになられたと言われている。
宮簀姫は嘆き悲しみ、尊の形見の剣(草薙の剣)を、休まれる時も肌身離さず大切にお守りし、一生姉子でお過ごしになられたといゝ、年老いて永上の里より、千竈郷の旧館にお戻りになり、尊の形見の剣と共に余生をおすごしになられ、九十六才の天命を全うされたと言われている。
(引用/『埋もれたる ちがまの郷』二村又介著 1991年 自費出版)

乎止與命と真敷刃俾命の間には、男女ひとり一人の子供が生まれたそうです。二代目国造となる建稲種命(たけいなだねのみこと)は、後に日本武尊(やまとたけるのみこと)とともに蝦夷(東国)征伐に向かいます。また、千竈郷の対岸にある丘陵地氷上の里に新たな館を立て、以来その館が尾張の国造りの拠点となりました。日本武尊が伊勢神宮からやってきて、逗留したのはこちらの館とされています。

もうひとりの子供は宮簀媛命(みやすひめのみこと)といい、日本武尊が蝦夷征伐から戻ってきた時にお妃として迎えられたそうです。日本武尊が亡くなり、兄の建稲種命も亡くなった氷上の館で、尊の形見の剣である草薙剣を後生大事にされていたそうです。

現在、宮簀媛命が祀られているのは熱田神宮にありますが、お社は境内ではなく宮簀媛命が過ごした氷上の里、現在の緑区大高町に氷上姉子神社に祀られています。そして氷上の館のあったひと際小高い山の上には元宮がひっそりと祀られています。

20051120_042
【写真2/氷上の館のあった跡地の宮簀媛命の元宮と碑(撮影/2005年11月20日)】

≦⌒ω⌒≧З

まだまだ面白い話がありますが、今日はここまでとします。郷土史には、現実にあった史実と神話が交錯している個所があると思われます。それらのことも含めて、こうした地元に残る歴史に目を向けてみたいと思いますっ≦⌒m⌒≧З

そうそう、これは偶然でしたが、先月のエントリーの『今月は地元のお祭が多いニャーっ≦⌒▽⌒≧З』は乎止與命と真敷刃俾命の例祭で、『秋の例祭 その弐』は宮簀媛命の例祭ですっ≦⌒ω⌒≧З


この日の写真はblog「Photoview-EYES」のカレンダー機能を使うと出てきますっ≦⌒◇⌒≧♪

  1. 2005/11/21(月) 16:30:00|
  2. フォークロア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<探査機「はやぶさ」 第2回目の着陸へ! | ホーム | Exif情報>>

コメント

どうもイメージが、
信長・秀吉・家康あたりから、名古屋の歴史があると思っていたのですが、
それ以前からこんな歴史が、みっちりとあったのですね~。
(熱田神宮の存在をなんと思っていたんだ~っと、自分ツッコミを
してしまいました^^;)
追伸;以前に教えてもらった落語の話を記事にしました。
リンクもしましたので、ご報告ですm(_ _)m
過去記事へなのですが、了承もらえればトラバックしたいともm(_ _)m
よろしくお願いします。
  1. 2005/11/22(火) 21:17:00 |
  2. URL |
  3. fukumaneki #79D/WHSg
  4. [ 編集]

ウニャニャーーっ、fukumanekiさんっ≦⌒▽⌒≧З
やっぱり騒乱の戦国時代のイメージが強いですよねぇーっ。
乎止與命の千竈郷の館のあった所も、戦国時代には城が築かれ、織田氏、
今川氏の陣取りが行われましたし……。
しかし、その築城によって千竈郷の館や乎止與命たちの遺品、遺跡は現在の
星の宮がある場所に移されてしまったとか。
しかも、ちゃんと移されなかったせいもあって、歴史的な史料の多くが
失われてしまったようですっ≦ ̄□ ̄;≧З
過去エントリーへのリンク、ありがとねっ≦⌒◇⌒≧З
トラックバックもどうぞ、ご自由にっ!
(禁止制限で弾かれたらまた報告してくださいっ≦⌒ω⌒≧З)
  1. 2005/11/22(火) 23:42:00 |
  2. URL |
  3. nekoromochi #79D/WHSg
  4. [ 編集]

そういう背景もあるんですね~。
ひも解いて見ていくと、また面白いですね^^。
3大将軍より過去の尾張って、実はすごいのかもしれないって
興味津々ですよ~。
お言葉に甘えて、トラバックしましたm(_ _)m
よろしくお願いします^^。
  1. 2005/11/23(水) 03:22:00 |
  2. URL |
  3. fukumaneki #79D/WHSg
  4. [ 編集]

ウニャニャーーっ、fukumanekiさんっ≦⌒ω⌒≧З
室町、平安時代になると、悲哀ロマンスや傘地蔵的なラブロマンスもあったりしてねぇーっ≦⌒m⌒≧З
こちらからもトラックバックをしましたのでよろしくっ≦⌒◇⌒≧З
  1. 2005/11/23(水) 21:34:00 |
  2. URL |
  3. nekoromochi #79D/WHSg
  4. [ 編集]

 余談ですが、天叢雲剣の秘密の一部を解明した日立金属の研究員の方が、今年の作刀コンクールで日本一になっていましたね。それを応用した、特殊鋼の新素材を発明し特許も出しているという話ですが。
  1. 2007/10/17(水) 19:24:55 |
  2. URL |
  3. 岡恒 #-
  4. [ 編集]

>

ウニャーっ、岡恒さんっ≦⌒ω⌒≧З
いるいると研究、解明されてる人達が
いるんですねーっ≦ ̄δ ̄≧З
  1. 2007/11/13(火) 22:08:37 |
  2. URL |
  3. あさいねこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://clairvoyance.blog39.fc2.com/tb.php/418-50cb67e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Yukio Asai

バナーを作成

カテゴリーっ≦⌒ω⌒≧З

最近の記事っ≦⌒◇⌒≧З

最近のコメントっ≦⌒▽⌒≧З

月別アーカイブっ≦⌒ω⌒≧З

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。