FC2ブログ

ねころもち ― blog

ねこのこといろいろ ほかのこともいろいろっ≦⌒ω⌒≧З

先ほどの日記の続きっ≦⌒◇⌒≧З

20050403_005


結局、「覚王山春祭」へ行ってきました。参道はものすごい人で混雑して賑わっていました。銘木の端材やテーブルの天板を売っている露店で楓材の“トラ”模様ではなく、“バードアイ”(鳥の目模様)と呼ばれる模様の板を見つけました。お値段5,000円。いい値段つけてますよね。欲しかったけれど、この後買う予定のものを同時に抱えるのは絶対に無理なためあきらめる。

覚王山某所の桜(山桜)はまだまだ固い蕾でした。それからニャンのいるところへ……。ずっと撮影しようとしているクロシロの長毛ニャン。いつも100メートルより近くに寄れないっ≦ ̄□ ̄;≧З 300mm以上の望遠が必要だっ!

ひと月ほど前のエントリーで、フラットベット型のスキャナーを1,000で購入したことを書いたが、やっぱりジャンク品だったのか、もう寿命だったのか、すぐに正常に読み取れなくなりました(中央に帯状の太いムラが出る)。それでも1,000枚ほどはスキャンできたかな。で、またまた覚王山近くの「ハード・◆フ」へ行き、めぼしい物はないかと探していたら、先回購入した型よりランクの下のスキャナーを見つけたのでさっそく購入。いまドライバを入れてテストしてみたら全然問題なしっ! 色の調子、ムラもなし! これで300円は安いっ≦⌒▽⌒≧З(もしかして300枚で終りかっ?)

自転車の止めてある駅まで地下鉄で行き、ニャン写真を撮りながらの帰宅途中、クロシロの長毛ニャンを見つけました。撮影しようとしたとき、横から首輪をつけたキジトラが飛んできて、そのニャンに威嚇しまくり……。結局、クロシロの長毛は逃げてしまい、残ったキジトラが妙に寄り添ってきました。「ボクのほうを撮ってくれよぉ」っとでも言いたかったのでしょう。で、撮影しようとしたら今度は背後から「ネコの写真を撮ってるんですか?」と買い物帰りのご婦人が声をかけてきました。状況を話すと(歩道でしゃがみ込んで撮ってて、別段怪しくはないと思うけれど)、キジトラは向かいの家のニャンで、逃げていったクロシロの長毛はこのご婦人宅のニャンでしたっ≦ ̄□ ̄;≧З

その他、たくさんニャンの写真が撮れた「猫日和」の日曜日でしたっ≦⌒▽⌒≧♪


写真は「ねころもち/Photo Album」の『花の街』(2005年4月)より

  1. 2005/04/03(日) 22:26:00|
  2. 日記っ≦⌒ω⌒≧З
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<近頃のうちの“チビ”たちはというと…… | ホーム | 腹痛とサーバー復旧と桜の写真とYEBISU BAR LIVE>>

コメント

幼児期,よく婆ちゃんに連れられて「カコーザン」(kuの音がほとんど入りませんよね)の市(幼いながらもばぁちゃんに倣って「コーボーさん」と呼んでました)に連れて行かれたことを懐かしく思い出しました。今は時間的にも距離的にも何と離れてしまったことでしょう。でも,お陰様で,猫つながりで,nekoromochiさんを介してあそこと繋がっている気がしております。有り難うございます。
  1. 2005/04/04(月) 14:08:00 |
  2. URL |
  3. complex_cat #79D/WHSg
  4. [ 編集]

ウニャァーっ、complex_catさんっ≦⌒◇⌒≧З
ボクも小さいときの記憶がかすかにありますよ。
おばあちゃんに連れられて参道を歩いたこと。
まだ路面電車が通っていた頃だと思います。
(参道入り口にあった塔は覚えていますか? 何年か前に道路拡張のため
 解体されてしまったんですよ)
名古屋人で年配の方の多くは、やっぱり「カッコーザン」「コーボーさん」
ですよね(※熱田神宮は「あったさん」「おみやさん」)。
「コーボーさん」は今でも毎月21日に日泰寺の境内から参道と露店が出て、
賑わっていますよっ≦⌒▽⌒≧З
  1. 2005/04/04(月) 15:50:00 |
  2. URL |
  3. nekoromochi #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://clairvoyance.blog39.fc2.com/tb.php/256-e8aec6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Yukio Asai

バナーを作成

カテゴリーっ≦⌒ω⌒≧З

最近の記事っ≦⌒◇⌒≧З

最近のコメントっ≦⌒▽⌒≧З

月別アーカイブっ≦⌒ω⌒≧З

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する